本文へスキップ

ソフトウェア・機械・一般商品などの製品やサービスの知財のことはお任せください

TEL. 03-6662-8341

東京都葛飾区東立石4−45−11ー405

よくある質問

相談に関する質問

Q1−1.
相談前に準備しておくことはありますか?
   A.
 相談時点では、特に準備の必要はございません。お気軽にご相談下さい。
Q1−2.
遠方からでも相談は可能ですか?
   A.
 はい、都内などの首都圏だけでなく全国からの相談を受け付けています。
Q1−3.
相談はどのように行えばよいですか?
   A.
 電話又はメールにて受け付けております。ご依頼の流れ
Q1−4.
打ち合わせを行う場合、こちらから出向く必要はありますか?
   A.
 いいえ、ご要望に応じてこちらからお伺いすることも可能です。
Q1−5.
相談するのに費用はかかりますか?
   A.
 電話・メールによる相談は無料ですので、お気軽にご相談下さい。
Q1−6.
社員教育などのセミナーをお願いできますか?
   A.
 ご要望に応じて対応可能ですので、お気軽にご相談下さい。

特許関連の質問

Q2−1.
特許権とはどういう権利ですか?
   A.
 新規で容易には思いつかない「物」や「方法」の発明について、出願日から原則20年間、独占実施を認める権利です。
Q2−2.
特許を取得するまでにどれくらいの費用がかかりますか?
   A.
 出願から登録まで全て込みで、目安として40〜60万円程度かかります。審査結果や難易度・ボリュームなどによっても変動します。費用詳細
Q2−3.
特許を取得するまでにどれくらいの期間がかかりますか?
   A.
 技術分野などによっても変動しますが、通常、出願日から早くても1〜2年程度かかります。
Q2−4.
特許を早く取得する方法はありますか?
   A.
 条件を満たせば早期審査の申請を行うことで、数か月〜半年程度で取得することも可能です。
Q2−5.
特許を取得後の維持費用はどのくらいかかりますか?
   A.
 新たに特許出願した場合、登録後の維持費用(H28.4現在)としては、
第1〜3年:(\2,100+請求項数×\200)/年(※登録時に納付)、
第4〜6年:(\6,400+請求項数×\500)/年、
第7〜9年:(\19,300+請求項数×\1,500)/年、
第10年〜:(\55,400+請求項数×\4,300)/年、
の維持費用(特許庁へ納付する特許料)がかかります。

※弊所を利用して納付する場合には、別途納付手数料が必要となります。
Q2−6.
新しいビジネスモデルは特許になりますか?
   A.
 パソコンやスマートフォンなどの物を用いる具現化されたビジネスモデルは、特許になり得ます。

実用新案関連の質問

Q3−1.
実用新案権とはどういう権利ですか?
   A.
 物品の形状や構造などの新規で特徴のある考案について、出願日から原則10年間、独占実施を認める権利です。特許と違い内容について審査されずに登録されます。
Q3−2.
実用新案権を取得するまでにどれくらいの費用がかかりますか?
   A.
 出願から登録まで全て込みで、目安として20〜30万円程度かかります。難易度やボリュームなどによっても変動します。費用詳細
Q3−3.
実用新案権を取得するまでにどれくらいの期間がかかりますか?
   A.
 技術分野などによっても変動しますが、通常、出願日から数か月〜半年程度で登録されます。
Q3−4.
実用新案権を取得後の維持費用はどのくらいかかりますか?
   A.
 新たに実用新案登録出願した場合、登録後の維持費用(H28.4現在)
としては、
第1〜3年:(\2,100+請求項数×\100)/年(※出願時に納付)、
第4〜6年:(\6,100+請求項数×\300)/年、
第7〜10年:(\18,100+請求項数×\900)/年、
の維持費用(特許庁へ納付する登録料)がかかります。

※弊所を利用して納付する場合には、別途納付手数料が必要となります。

商標関連の質問

Q4−1.
商標権とはどういう権利ですか?
   A.
 自己の商品やサービスであることを識別させるために用いる文字や図形などの商標を、その商品やサービスと関連づけて独占使用を認める権利です。なお、他人による類似範囲での使用も禁止することができます。権利期間は、登録日から10年間ですが、更新手続を行うことで、商標権を維持し続けることができます。
Q4−2.
商標権を取得するまでにどれくらいの費用がかかりますか?
   A.
 出願から登録まで全て込みで、目安として10〜20万円程度かかります。指定する商品やサービスの区分数などによっても変動します。費用詳細
Q4−3.
商標権を取得するまでにどれくらいの期間がかかりますか?
   A.
 指定する商品やサービスの種類などによっても変動しますが、通常、出願日から数か月〜半年程度で登録されます。
Q4−4.
商標権を早く取得する方法はありますか?
   A.
 条件を満たせば早期審査の申請を行うことで、2ヶ月程度で取得することも可能です。

Q4−5.
商標権を取得後の維持費用はどのくらいかかりますか?
   A.
 新たに商標登録出願した場合、登録後の維持費用(H28.4現在)
としては、
更新登録申請料:区分数×\38,800(\22,600)、
が維持費用(特許庁へ納付する登録料)として必要となります。

※カッコ内は、前期と後期とに分けて支払う場合の5年分の分納額です。
※弊所を利用して納付する場合には、別途納付手数料が必要となります。
Q4−6.
商号を登録済みでも商標登録を検討する必要はありますか?
  A.
 商号(例:「○○株式会社」)は、登録を受けた法務局管轄内でのみ有効であるのに対し、商標権は、原則として国内全域で権利を主張できるものです。また、商標権は、会社略称やロゴ、商品名、サービス名等も登録することができ、さらには、他者の類似的な使用についても禁止することができるものです。ブランド展開や真似の防止をお考えの場合には、商標登録をしておくことをお勧めします。


意匠関連の質問


Q5−1.
意匠権とはどういう権利ですか?
   A.
 物品の形状や模様などの新規で美感を起こさせる意匠について、その物品と関連付けて独占実施を認める権利です。なお、他人による類似範囲の意匠の実施についても禁止することができます。権利期間は、登録日から20年間です。
Q5−2.
意匠権を取得するまでにどれくらいの費用がかかりますか?
   A.
 出願から登録まで全て込みで、目安として20〜30万円程度かかります。作成図面の枚数・複雑さなどによっても変動します。費用詳細
Q5−3.
意匠権を取得するまでにどれくらいの期間がかかりますか?
   A.
 指定する物品名などによっても変動しますが、通常、出願日から半年〜1年程度で登録されます。
Q5−4.
意匠権を早く取得する方法はありますか?
   A.
 条件を満たせば早期審査の申請を行うことで、2ヶ月〜半年程度で取得することも可能です。

Q5−5.
意匠権を取得後の維持費用はどのくらいかかりますか?
   A.
 新たに意匠登録出願した場合、登録後の維持費用(H28.4現在)としては、
第1〜3年:\8,500/年(※第1年分は登録時に納付)、
第4〜20年:\16,900/年、
の維持費用(特許庁へ納付する特許料)がかかります。

 ※弊所を利用して納付する場合には、別途納付手数料が必要となります。


バナースペース

対応地域

■東京23区(葛飾区、墨田区、千代田区 、台東区、中央区、港区、江東区、
 足立区、文京区、荒川区、江戸川区 等)
■東京市部、千葉(松戸市、市川市、
 習志野市等)、埼玉、茨城、神奈川、
 群馬、栃木等
■その他、全国対応(出張可能)いたし
 ます。


外部リンク


特許庁ウェブサイト 特許庁ウェブサイト

文化庁ウェブサイト文化庁ウェブサイト

日本弁理士会ウェブサイト日本弁理士会ウェブサイト